石辞典

クンツァイト

クンツァイトは、1902年にアメリカのカリフォルニア州で発見された比較的新しいパワーストーンです。

語源は、アメリカの宝石学者『クンツ博士』に由来するといわれています。
カリフォルニア州で発見されたことから、またの名を『カリフォルニア・アイリス』とも呼ばれます。

クンツァイトは、『スポデューメン』(鉱物名)の一種とされ、特にピンク色のものをいいます。
スポデューメンの語源は、ギリシャ語で『燃えて灰になる』という意味に由来します。
これは、この鉱物は加熱すると著しく熱発光するため、そのように呼ばれています。

『無限の愛・純粋さ』を象徴するとされるクンツァイトは、純粋さを貫き、肉体と精神、感情のバランスをとって安定させ、さまざまなものを浄化する作用があると伝えられています。

思いやりをもって他人と接することができ、自己表現を促進し感情を自由に表現させる手助けになると言われています。

ストレスを緩和し、緊張をほぐす効果もあるといわれています。

心臓や動脈などの血管を強化して血液の流れを良くし、体内に酸素を行きわたらせる働きがあるとされています。