石辞典

ユーディアライト

ユーディアライトはジルコニウム等を含む珪酸系鉱物で、産地であるロシア北西部、

コラ半島には、祖先が外敵から民族を守るために戦った時に流れた勇者の血が、

ユーディアライトになったという伝説が残されています。

名前の由来は、この石が簡単に酸性物に溶ける事から、

ギリシャ語で「良く」という意味の“Eu”と、「分解する」という意味の“Dialytos”が組み合わさって名付けられました。

ユーディアライトは、ネガティブな感情を和らげ、本質と繋げ、

宇宙の大きな流れに身を任せることができるようになるとも言われています。

自分自身をニュートラルな状態へと導いてくれるとも言われています。

古い考えにとらわれていたり、今の状況を窮屈に感じている時にはその感情を手放す助けになると言われています。

昔は眼病の治療に用いられていたそうです。

痛みを伴う打撲の手当にも使用されていたと言われています。