石辞典

天照石

高千穂山系の見立地区で採取される天照石とは、学名:見立礫岩(ホルンフェルス)とよばれています。

太陽光線の照射熱などの熱に反応して4~14ミクロンの遠赤外線を放射する天然鉱石です。

放射する遠赤外線は、細胞を活性化し、免疫力を向上させると言われています。

岩盤浴の主流の材料をはじめ、無農薬野菜や稲作の肥料にまぜたり、

またアトピー性皮膚炎の治療としてなど 幅広く活用されています。

天照石には他にもシリカや酸化チタンが多く含まれ、人体の温熱効果をより高めたり、

本来の人体リズムを取り 戻すことができるとも言われています。