アクアマリン

Aquamarine

アクアマリン

主な原産国中国 ブラジル
成分Be3Al2Si6O18
硬度7.5〜8
  • PDFで見る
  • 商品詳細ページへ

古代エジプトの王家やローマの貴族達もアクセサリーにしたとされるアクアマリン。 名前の由来は、ラテン語で「水」の意味「aqua」と海の意味「marinus」からです。 神話では、「海底の美しい海の精の宝が、浜辺に打ち上げられて宝石になった。」「船乗りに恋をした人魚が、流した涙が宝石になった。」と言われています。 名前の通り、海との関わりが深く、安全な航海へと導いてくれます。“人生の航海を守ってくれる石”でもあり、人生の暗闇に落ち込んだ時きっと何か新しい希望の輝きを教えてくれるはずです。 また、古代エジプトの王家の墓から、この石の数珠が発見されており、「幸福・不老の石」として、幸せと若さ、富と喜びを象徴し持つ人を穏やかで幸せな気持ちにしてくれると言われます。  ヒーリングストーンとしては特に神経を休める作用がありストレスの解消に導きます。持つ人の精神を鎮めて、おだやかで平和な気持ちにさせ、 幸福、健康、富を象徴して幸福な結婚をさせる力があるといわれています。 男女の和解、夫婦の絆の強化、人間関係の改善にもよいでしょう。 人間の感覚面を動かす力、自己表現を助ける力もあるので、アートやクリエイティブ関係の仕事をしている人にはインスピレーションをもたらしてくれます。仕事の面接や初デートなどで相手の印象をよくしたいときには、ポケットにしのばせておくとよいでしょう。セールスマンや人前で話す予定のある人は、喉の付近に軽く近づけて自分が生き生きと話している姿をイメージしてください。自分の力を十分発揮できるようになります。 肉体面では、目の不調の改善、歯痛、肝臓の障害などに効果があると言われます。また、リンパ腺および、リンパ管の病気治療にも役立つとされます。食欲を抑え、ダイエットにも良いとか…。

取り扱い上の注意

・強い光に弱いので、浄化のときは夏の太陽光は避けたほうが、良いでしょう。

・衝撃に弱い石なので、注意してください。

このページの先頭へ