コンテンツ

◎眞名井神社◎

写真1

写真2

写真3

前回紹介した皇大神社にある、大江山口内宮駅より30分ほど電車に乗ると天の橋立駅に着きます。

ここから船か自転車で日本三景の一つと言われる天の橋立をわたり、少し行った所 に丹波の一の宮籠(コノ)神社があり、そこから歩いて10分ほど入った所に、眞名井神社がありま す。

御祭神は、豊受大神、天照大神、伊射奈岐大神、伊射奈美大神、罔象女(ミズハノメ)大神で、 豊受大神は天御中主神(アメノミナカヌシノカミ)であり、宇宙根源の大元霊神であると伝えられているそうです。

この神社には天上界から水を引いたと言われる御神水があり、またイザナギ、イザナ ミの二神がアマテテラスを産んだ場所と伝えられ、うぶだらい(写真1)があります。

境内には 祭られた岩がたくさんあり、とても清らかな心打つ場所でした。

籠神社は、ひそかに、おごそかに佇んでいます。

この神社の境内の石碑には三つ巴の紋が刻まれていましたが、7~8年前までは六芒星であったそうです。

なぜに紋章が変えられたのか?

多くの人が興味をもっている様です。