コンテンツ

◎石切つるぎや神社◎

 

 

 

先日、東大阪市上石切町にあ る、石切つるぎや神社に行ってきました。

ここには天照大神の孫 ニギハヤヒのみことと、その子ウマシマデのみことが祀られています。

ニギハヤヒは、天照大神から十種の神宝(前回の石上神宮でも記載)を授かり、大和建国の任務を受けます。

しかし、大和地方には、すでに勢力を拡大している先住の人達がおり、ニギハヤヒはその家長の妹と結婚 し、ウマシマデのみことが産まれます。

そんなやりとりがあり、大和建国がなされていったそうです。

ところで、この神社の由来は、どんな強固な岩でも、何の苦もなく切れる剣と矢が祀られているからで、そんなことから手術の神様で知られ、多くの参拝者が後を立ちません。

交通の便も良く、周りにはお土産屋さんもたくさんあり、上の方には占いのお店が軒並みを連ねています。

歩いてるだけで楽しいですよ!