石辞典

クリソコラ

『金(chryso)の、にかわ(kolla)』を名称の由来とするところから解るように古代の宝石師が金をつなぐのにこの鉱物を使っていたそうです。
単独で産出されることは少なく、多くは石英成分を含んでいたり、マラカイトと産出されます。

繁栄、幸運、仕事の成功を象徴する石と言われており、情緒を安定させ何事にも愛をもって対処するよう導いてくれるようです。

オーラを浄化する作用が強く心に寛容と平和を宿してくれると言われています。
また、美的感覚に訴える力も強く芸術関係に携わる時には持つと良いとされています。
良いアイディアを引き出すとも言われていて、企画を考えたりする時に身につけると良いでしょう。

肉体面では、脾臓や肝臓等の病気の治療に用いられる他、筋力アップに効果があるとされ、女性には、ホルモンのバランスや生理痛の緩和に効果があると言われています。

強い浄化作用があり、ネイティブアメリカンの人たちも消化器系のトラブルに使っていたそうです。