石辞典

コーラル

珊瑚とはご存じの通り、南海の海中に生きる生物。珊瑚虫の骨格部分が加工され、各種のアクセサリーやパワーストーンとして出回っています。つまり正確には「石」ではないのですが、そのパワーは強力で、古代より世界各地で護符や祭儀の道具として、特に船旅のお守りとして広く用いられてきました。仏教では七宝のひとつに数えられ、不老長寿のお守りとして珍重されてきました。  

海や河を安全に渡るお守りとしても大切にされていました。
イライラした感情をリラックスさせてくれるとも言われています。

生命の源である海。その海のパワーを秘めた珊瑚は、持つ人の生命力を高め、創造のエネルギーを鼓舞し、心に抱いているビジョンを形あるものにする手助けをしてくれると言われます。

人と人を結びつけ、コミュニケーションを円滑にする働きがあるので、会議や講演の際に身に付けると、緊張を緩和してくれる効果があるようです。

ピンクの珊瑚は恋愛運をアップするとされ、白系統のものはヒーリングによく、どんなに荒れ狂った心でも母のような優しさで癒してくれるといいます。また自分の望むイメージを視覚化する手助けもしてくれるようです。

肉体面では、神経を休めるヒーリング効果があり、骨や歯の形成に良いとして妊婦や子供の成長促進を願ってお守りに使われるケースや、不老長寿の守りとして使われるケースも多くみられます。
特に赤い色の珊瑚は、古来より血行を促進し、心身を強化し、精力を回復してくれるとされました。
また、解熱作用や発狂を抑える…なんて効果もあるようです。