石辞典

サードオニクス

サードオニクスは潜晶質石英のアゲートの一種で、赤褐色をした石です。

サードは赤、オニクスは爪という意味です。

赤縞瑪瑙(あかしまめのう、Sardonyx)は赤色と、他の色(主に白)とが交互に縞目を表した瑪瑙の一種です。

赤と白の縞を持つサードオニクスは夫婦や恋人間の愛情を強めてくれる石として知られてきました。

美と愛の象徴「アフロディテの爪」とも例えられ、若さと美しさを保ってくれる効果があるといわれています。

古くには旧約聖書に記述があり、夫婦の幸福、結婚運、愛を象徴し、家族に囲まれながらも個性的な生き方ができるようになるといわれています。

サードオニクスは、強力な保護力を持つと言われ、お守りとして身につけると良いとされています。

人に影響されやすい人や、物事が中途半端に終わりがちな人に、根気と集中力を向上させ、自己の信念を貫き、物事をやり遂げるサポートをしてくれるといわれています。

エネルギーの不足しがちな人や、意志が弱いと感じる人に、前向きなパワーを与えるといわれていて、持ち主の性格に積極性を引きだし、知性を高めるパワーがあるともいわれています。

健康面では黄疸の治療に用いられたとされ、他には脾臓、膵臓の不調を改善する力があるといわれています。