石辞典

スギライト

最初に、日本で発見された石。癒しの効果が、かなり高いと言われ、身に付けていると気持ちが落ち着き、心が安らぐよう働きかけてくれるようです。また、危険から身を守る力もあると言われます。

パワーストーンの多くは古代から治療や護符として使われてきましたが、スギライトはまったくの新顔。1944年に日本の杉健一氏によって発見され、お弟子さんによって70年代に発表されてから、まずアメリカでその人気に火がつきました。

不安やストレスの多い現代人にはぴったりと言われるスギライト。それは、もともと紫色の石は高貴でヒーリング効果が高いとされていますが、このスギライトは浄化の必要がないといわれるほどヒーリング力が強いと言われます。心身の各層を浄化して厄をとり、エネルギーを与えて生命力を活性化させてくれるそうです。強力な浄化力は危険回避のお守り、邪気払いとしても有効だそうです。

また、心と身体のバランスに悩む人は、スギライトを持つと光明を見いだすとされます。精神の深い部分に働きかけるので、洞察と直感力が高まり、自分にとって本当に大切なことは何かを見極め、潜在意識下に隠された能力を引き出してくれるようです。

恋愛面については、信頼や尊敬がベースになった愛情に、手を差しのべてくれると言われます。たとえば、何かの信念や思想が愛情のベースになっていたり、共同で事業やビジネスをしているようなカップルに適しているそうです。

仕事の面については、コンピュータ、科学、研究、航空関係、海外関連、思想などの分野で効果があると言われます。

健康面では、細胞の再生を促して心臓を強化すると言われます。頭痛の治療にも良いとか…。