石辞典

ブルーゴールドサンドストーン

ゴールドストーン(Gold stone)「茶金石」に濃青色したものを言います。

16世紀に修道士により、銅とガラスから偶然作られたと言われている説と、ガラス職人が誤って銅を落とし偶然できたという説があります。
ガラス中に他成分の粉末が入り込み、紫青色の「紫金石」となります。

健全な自身を与え、人から愛されるようにしてくれるとも言われているので芸術関係・音楽関係などの人が持つと良いとされています。眠っている才能を引き出し、チャンスに巡り合せてくれるとも言います。

持つ人の一番の魅力にスポットをあて、そのパワーで欠点をカバーしてくれるそうです。
自己表現が上手くできるようになると言われています。

前向きなエネルギーを与え、努力を実らせてくれると言われています。

持ち主に自信とカリスマ性を与え、多くの人の関心や信頼を引き寄せると言われています。

心身のバランスを保ち安定させ、精神・感情の疲れを取り除く力があるとされています。
持つ人の意志を強く保ち、自分自身を肯定し、自信を生み出してくれるそうです。