石辞典

ヘマタイト

ギリシャ語の「血」を意味する言葉から名付けられたこの石は、見た目は黒っぽいのですが、削ると内側が赤く見えるため、この名がつけられました。古くから血液を浄化する力があると言われ、出血を伴った怪我などの治療に使われ、血液と深く関わっています。

また、戦いの神「マルス」と関連があるようで「勝利を導く石」として、危険から身を守る護符として用いられていたそうです。
古代エジプトでは、頭部につける守り石は常にヘマタイトだったとされ、古代ローマでは兵士達の戦闘の護符として用いられました。もちろん今でも、危険から身を守る邪気祓いの石として、また内に宿るポジティブなエネルギーを引き出し、勇気と自信をもたらしてくれることでしょう。  

ヘマタイトは行動のパワーストーンで、肉体労働など過酷に体を使って働く人々に、その行動を持続させる力を与えると言われます。たゆまぬ肉体労働の持続によって、成功する分野の仕事、スポーツ選手、車のドライバー、機械のエンジニア、大工、職人などの仕事をしている人に効果的だとか…。

肉体面では、「血液」関係の治療によいとされてきました。血止め、血の巡りの改善、貧血や月経不順の予防。冷え性、精力減退、眼の充血にも効果があるようです。
また、血液を浄化するので腎臓の働きも良くなると言われます。
むくみ、生理痛など血流が悪いときに、だるい部分をこの石で軽くマッサージ、または両手で覆ってしばらく横になると、軽減されるようです。