石辞典

マラカイト

古代エジプト人は、この石を粉末にしアイシャドウとして使用したと言われます。その中には、絶世の美女「クレオパトラ」も愛用したそうです。

日本名は「くじゃく石」。模様が、くじゃくが羽を広げたように見えることから、付けられたと言うことです。

ストレスや緊張を和らげたり、危険から身を守ってくれる力があると言われます。
悪夢から持ち主を守るとされるので、子供のお守りとしても用いられました。大人でもベッドサイドに置くと、鎮静作用があるとされ、熟睡できるかも…。

外部からやってくるいかなる否定的波動をも振り払うという説もあります。持ち主に危険が迫ると、自ら割れてそれを知らせると言います。災いを未然に防ぐので、トラブルに巻き込まれたくない場合や、嫉妬や羨望、いじめの対象になっている方にはお守りになることでしょう。

肉体面では、視力を助け、眼病を予防すると言われています。そもそも緑色は目と心を癒すとされ、マラカイトの癒し効果は非常に大きいようです。ストレスや緊張感を和らげ、感情を落ち着かせ、リラックスさせてくれます。
また、喘息、関節炎、骨折、関節の腫れ、癌、腫瘍などの治療に役立ち、神経や脳の活動を刺激するといわれます。解毒作用があり、またリウマチの苦痛を軽減するとされます。