石辞典

ライオライト

古代エジプトでは、マラカイトとライオライトを粉にして、アイラインとして使用していました。

緑を主として、黄・白・茶など色々な色が混じった斑状、マーブル模様の石。

名前の由来は、ギリシャ語 『rhyax』(溶岩の流れ)と『lithos』(石)からきているようで実際、

火山活動によって地上に噴出したマグマが地表で短時間に冷え固り、

その為結晶が十分に成長できず斑状になって出来たそうです。

不思議な味のある色彩を表しているこの石は、体と心の安定を助けてくれる力と愛情を持続させ、

絆を強めてくれる力があると言われています。

また、わがままを押さえ人間関係の調和に良く働く石と言われています。

魂の可能性と創造力に変化を促し、探求への遂行を助け、魂レベルでの理解を促進し、

カルマの叡智へアクセスすることが出来ます。己の魂・肉体・心を強化し、自己を完全に探求しようとする際に非常に有用です。

深い瞑想を促進し、それによって内なる旅と外なる旅を可能にすることでしょう。

過去生の癒しに有効な石で、過去を綺麗にして現在に統合します。

心理面では自尊心と自負心を促進し自己尊重感と本当の自己の受容をもたらしてくれます。

健康面では、腰や横腹の不調を改善し、肝臓や眼の治療にも使われ、体内の毒素を排除してくれるといわれています。

また、安らかな睡眠を促す作用もあるといわれます。

血管、発疹、皮膚疾患、感染症にも有効で、ビタミンBの吸収を改善し

腎臓結石や硬化した皮膚を分解することが出来るとも言われています。