勾玉の持つ力

世界最古の医学百科とされる、3500年前エジプトで書かれた「パピルス・エーベルス」には多くの石を治療法として使っていたことをはじめ、古代ギリシャ・中国・アステカ・インドなど、世界中の地域で石は治療やお守り、「聖なる物」として、珍重されてきました。

日本においても、正倉院の中から「薬石」として、大切に扱われていました。

世界中のどの文明を見ても、権力者占い師、シャーマンを身につけていました。

日本ではまがたまがそれにあたります。

古代日本人は、を、勾玉にすることにより、よりの力を感じられることを、知っていた様です。
自分に合った石を持つことによって、全身に力がみなぎり、様々な運気が上がる様です。
そして、まがたまは、心にも影響し、石によって心を癒してくれたり、勇気づけたりします。

 

 

 

  • 勾玉とは
  • 勾玉の歴史
  • 勾玉の持つ力

買い物カゴ

商品数:0点

合計:0円

カゴ中を見る

SEARCH 検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

勾玉屋のご紹介

勾玉の謎にせまる一冊

よくあるご質問

スタッフブログ

勾玉冒険隊

勾玉診断テスト

このページの先頭へ